【公式版】Pochippインストール後の初期設定手順を解説

ご質問のある方へ

ポチップの質問・要望は公式フォーラムにご投稿ください。

商品管理プラグインのPochippを利用すれば、Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどの商品リンクをお手軽に作成できます。

しかし、ブログ記事などで初期設定の説明が書いているけど、思いどおりにならない…と悩む方は多いです。

そこで今回は、Pochippのインストール後の手順について公式からステップバイステップで解説します。この記事を読み終えたころにはPochippで商品ブロックの作成が行えるようになります。

こちらの記事を読んでも設定できない!という場合はTwitterまたはフォーラムでお問い合わせください

Pochippで商品ブロックを作成するまでの手順

Pochippで商品ブロックを作成するまでには、以下の手順実施が必要です。

  • Amazon・楽天・ヤフーショッピングのどれかで検索設定を実施する

Amazon・楽天・ヤフーショッピングのどれかで検索設定を実施する

サイドバーにある「ポチップ設定」をクリックすると以下の項目タブが表示されます。その中から「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」のどれかを選択します。

Pochippは商品タイトルや価格を手動で入力するのではありません。
PochippからAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの商品を検索して情報を自動で取得します。

今回は「Amazon」を選択した場合で作業を進めることにします。楽天・ヤフーショッピングの検索設定については以下の記事でも解説しているのでご覧ください。

※ 上記記事の「ヤフーのClient IDを取得する方法」をご覧ください

※ 上記記事の「楽天アプリID・アフィリエイトIDの取得方法について」をご覧ください

Amazonで検索設定を行う

Amazonの検索設定には、以下の2つの方法があります。どちらか一方を設定すれば問題ありません。

Amazonの検索設定
  1. PA-APIを設定する
  2. Pochipp Assistを利用する

PA-APIを設定する

PA-APIを設定するには、Amazonアソシエイトプログラムに登録する必要があります。

もし、「Amazonアソシエイトとは…?」「PA-APIとは…?」と思われた方は、次の「Pochipp Assistを利用する」まで読み飛ばしてください。

PA-APIを利用した設定については以下の記事の「Amazonの商品検索を行えるようにする方法」をご覧ください。

設定が完了すると、以下のような画面になっているかと思います。

Pochipp Assistを利用する

Pochipp Assistを利用すれば、Amazonアソシエイトの審査に通っていなくても商品検索できます。

まずは以下のURLにアクセスしてPochipp Assistをダウンロードします。(別タブで開きます)

\ CHECK NOW /

Safariの場合、自動でzipファイルが展開される可能性があるため、必ず「.zip」になっていることを確認します。
もし「.zip」になっていない場合は、Chromeなど別のブラウザでダウンロードしてください

WordPressの管理画面から「プラグイン > 新規追加 > プラグインのアップロード > ファイルの選択」から、先程のzipファイルを選択します。

インストールを実行し、プラグインを有効化した後に「プラグイン」タブをクリックすると以下のような画面になっています。

これで検索設定は完了です。

Pochipp Assistは無料版だと1日5回の検索制限があります。
月額150円で1日50回まで検索できる有料版もあるので、そちらもご検討ください。

Amazonから商品検索してPochippブロックを作る

「ポチップ管理 > 新規追加」よりPochippの新規登録画面にアクセスします。

「商品を検索」をクリックすると「Amazonで検索」からキーワードが入力できるようになっています。

そこで商品を検索、商品を選択するとPochippブロックが作れるようになります。

Amazon検索で「リクエスト回数が多すぎます」とエラーが出た場合、十分な売上がないため検索が実施できません。
売上が立つまでは楽天かYahoo!ショッピングの検索機能をご利用ください。

また、Pochippは記事の投稿画面からも同様の手順でポチップブロックを生成することができます。

どちらの手順でもPochippブロックは作成できますが、複数の記事でポチップブロックを紹介する場合は「ポチップ管理」に登録することをおすすめします。

Pochippでアフィリエイトを実施するまでの手順

ここまででPochippブロックを作成することはできましたが、アフィリエイトのボタンは表示されません。

アフィリエイトボタンを表示させるためには、各ショップのアフィリエイト設定を行う必要があります。

アフィリエイト設定方法
  • Amazon: 以下の設定いずれか1つ
    • 「ポチップ設定 > Amazon」タブをクリックしてトラッキングIDを設定する
    • 「ポチップ設定 > もしも」タブをクリックしてAmazonのa_idを設定する
  • 楽天: 以下の設定いずれか1つ
    • 「ポチップ設定 > 楽天市場」タブをクリックして楽天アフィリエイトIDを設定する
    • 「ポチップ設定 > もしも」タブをクリックして楽天市場のa_idを設定する
  • Yahoo!ショッピング: 以下の設定いずれか1つ
    • 「ポチップ設定 > Yahooショッピング」タブをクリックしてLinkSwitchのvc_pidを設定する
    • 「ポチップ設定 > もしも」タブをクリックしてYahooショッピングのa_idを設定する

※ 両方に設定がされている場合、もしもアフィリエイトの設定が優先されます

各項目の設定については以下に解説記事を用意しているので、合わせてご覧ください。

設定が完了すると作成したPochippブロックにアフィリエイトボタンが表示されるようになります。

基本的な設定はこれで以上です。

おまけ:Pochippで売上を上げる方法

Pochippで売上を増やした方の多くは、セール表示機能を上手く活用されています。

Pochipp単体ではセールを手動入力する必要がありますが、Pochipp Pro(400円/月 or 4000円/年)を利用するとセールの日時になると自動でポチップブロックにセール情報を表示してくれます。

Pochipp Proを利用すれば、毎日のセール情報チェックから解放され、同時にセール情報忘れの機会損失をなくすことも可能です。

他にもクリックの計測レポートやお知らせバー表示など様々な売上アップに繋がる機能もあります

セール時のお知らせバー表示(SWELLのみ)

Pochippのクリック率計測レポート

セール時は目に見えて売上が上がります。機会損失を考えると400円は十分にペイできる…と考える方はPochipp Proの導入も考えてみてはいかがでしょうか。

\ CHECK NOW /

ありがたいことに多くのユーザーから多くの嬉しい声も届いています。

ぜひPochipp Proの導入もご検討ください!

\ CHECK NOW /